Ugrás a tartalomra

家主による登録有形文化財の見学案内とほっこりお茶タイム

Az élményprogram házigazdája Masaru

2,5 óraAz élményprogram nyelve: japán és angol
Elkötelezettség a biztonság iránt
A házigazda elkötelezte magát az Airbnb COVID-19-cel kapcsolatos biztonsági irányelveinek betartása mellett.
Ingyenes lemondás
Teljes visszatérítés legalább 7 nappal az élményprogram kezdete előtt vagy a foglalástól számított 24 órán belül.
Akár 10 személy
A következőket foglalja magában: étel, italok és fuvar

Mit fogunk csinálni?

午後1時に集合!集落のお食事を楽しみたい方は12時にお越しください。ご紹介します。簡単な概要の説明の後、施設見学を楽しんで頂きます。グループサイズなどにも左右されますが、45分から90分程度を予定しています。見学の後は日本茶(抹茶:追加料金)と和菓子をお召し上がりください。午後4時くらいまではご利用頂けます。

行程:前庭→常住殿→寝殿→客殿→茶室→貴賓館(宿泊予約のない場合)→中庭→蔵→祠→露地(茶室の庭)→常住殿で献茶またはティータイム

ご希望の御客様には松花堂弁当やカジュアルな幕の内弁当をセットしたランチ付体験もご予約を承ります。
その他の留意事項
文化財の見学ですから、外からの飲食の持ち込みや禁煙はお断りしています。また、小さなお子様は、障子や窓ガラス、花瓶など替えがきかないものが多いですので、走り回ったり、大声を出したりしないようにご注意ください。場合によっては、修復に必要な原状回復費をご請求させて頂くことがありますので、予めご了承ください。

Mit tartalmaz?

  • étkezés
    松花堂弁当や幕の内弁当などを別途予約制で承っています。「こちらは料金に入っておりません!」のでご注意ください。
    幕の内:1,500円、2,0...
  • ital
    日本茶と和菓子をご用意。追加料金でお抹茶もできます。
  • fuvar
    洲本バスターミナルから無料送迎致します。洲本市内のホテルや旅館などの場合はお問合せください。

Íme Masaru, a házigazdád

2013 óta házigazda az Airbnb-n
  • Személyazonosság igazolva
登録有形文化財春陽荘の家主であり、古民家鑑定士の資格を持つ、和の建築や庭園が好きなホストです。

春陽荘は、昭和16(1941)年に、造船業で富を得た岩木家の社長宅兼事務所として建てられました。設計は家相方位学の権威である山本豊圓氏で、風水の思想にもとづいて設計され、地元の大工棟梁の斉藤三吉氏らが腕をふるい7年の歳月をかけて完成させました。

427坪の広い敷地には、貴賓館、蔵、客殿、寝殿、常住殿など8棟の建物があり、平成16年に国の有形文化財に登録されています。貴賓館など一部に近代的な要素も取り入れた優雅な和風建築群は、建築家出江寛氏により設計された塀や門扉とともに、調和のとれた趣あるたたずまいを創りだしています。

今日では再現が難しい伝統の技、職人の遊び心が光る意匠、そして歴史文化的な価値を知っていただき、昭和の屋敷で時の流れや当時のロマンを感じてほしいです。見学後は読書や瞑想、お茶で一服などゆっくりとして頂ける時間と場所とご用意しています。

近年、高齢化や効率のみを求める社会の風潮に伴い、島の風景やくらしも移ろいつつありますが、この春陽荘もまた所有者による維持がむずかしくなり、長く門を閉ざしたままになっていました。そこで平成27年、このままでは痛み失われかねない貴重な文化財を現代に活かし後世に残そうと、当館を買い受け補改修に着手しました。4人目の家主として、みなさんが日本人で良かったと思えるような体験になるように精進致します。
登録有形文化財春陽荘の家主であり、古民家鑑定士の資格を持つ、和の建築や庭園が好きなホストです。

春陽荘は、昭和16(1941)年に、造船業で富を得た岩木家の社長宅兼事務所として建てられました。設計は家相方位学の権威である山本豊圓氏で、風水の思想にもとづいて設計され、地元の大工棟梁の斉藤三吉氏らが腕をふるい7年の歳月をかけて完成させました。

427坪の広い敷地には、貴賓館、蔵、客殿、寝殿、常住殿など8棟の建物があり、平成16年に国の有形文化財に登録されています。貴賓館など一部に近代的な要素も取り入れた優雅な和風建築群は、建築家出江寛氏により設計された塀や門扉とともに、調和のとれた趣あるたたずまいを創りだしています。

今日では再現が難しい伝統の技、職人の遊び心が光る意匠、そして歴史文化的な価値を知っていただき、昭和の屋敷で時の流れや当時のロマンを感じてほしいです。見学後は読書や瞑想、お茶で一服などゆっくりとして頂ける時間と場所とご用意しています。

近年、高齢化や効率のみを求める社会の風潮に伴い、島の風景…
A fizetésed védelme érdekében soha ne utalj pénzt és ne kommunikálj az Airbnb webhelyén vagy appján kívül. További információ
AkárFt8 030
/fő
Nincsenek szabad időpontok

Hol leszünk?

【文化庁登録有形文化財情報】
【寝殿】
木造平屋建、瓦葺、建築面積50㎡
屋敷ほぼ中央に南面して建ち,渡廊下で主屋と結ばれる。木造平屋建,入母屋造,桟瓦葺で,桟瓦葺の下屋や檜皮葺の庇を付ける。側廻りには上中下の3段に開口部を配し,板戸・網戸・ガラス戸を入れる。上質なつくりのなかに,近代的な意匠と造形が伺える。

【客殿】
木造2階建、瓦葺、建築面積124㎡
寝殿北側に建つ木造総2階建,入母屋造,桟瓦葺で,1・2階とも8畳の座敷と6畳の控室からなる。基本的には繊細な数寄屋風であるが,銘木を用いた床・棚,竹格子とした格天井,木舞打扇垂木とした2階の軒庇など,独自性のある意匠が要所に見られる。

【常住殿】
敷地に東寄りに西面して建つ。木造平屋建,南北棟の入母屋造,桟瓦葺で,西と南に下屋を廻し,正面に入母屋造の玄関を突出する。全体を繊細な比例で纏めた数寄屋風で,良材を用いた質の高いつくりになる。棟札から,設計は山本豊圓,棟梁は斎藤三吉と判明。

など一部抜粋

Tudnivalók

Lemondási feltételek

Bármelyik élményprogram lemondható, és teljes visszatérítés igényelhető a fizetéstől számított 24 órán belül, vagy legalább 7 nappal az élményprogram kezdete előtt.

Hivatalos személyazonosító okmány

Készítened kell magadról egy fényképet, amely egyezik a személyazonosító okmányodban szereplő fényképpel. Az Airbnb így ellenőrzi, hogy ki vesz részt ténylegesen az élményen. Ezt a folyamatot csak egyszer kell elvégezned.

Vendégekre vonatkozó követelmények

Legfeljebb 10, legalább 18 éves vendég vehet részt. A szülők hozhatnak magukkal két év alatti gyerekeket is.

Mit vigyél magaddal?

夏期:うちわ、ハンカチ

冬期:厚手の靴下